日創研経営研究会 熊本
共に学び共に栄える精神をもって社会に貢献する。
日創研経営研究会 熊本
共に学び共に栄える精神をもって社会に貢献する。
日創研経営研究会 熊本
共に学び共に栄える精神をもって社会に貢献する。
トップページ 日創研経営研究会 熊本
共に学び共に栄える精神をもって社会に貢献する。
会長方針 日創研経営研究会 熊本
共に学び共に栄える精神をもって社会に貢献する。
委員会 日創研経営研究会 熊本
共に学び共に栄える精神をもって社会に貢献する。
スケジュール 日創研経営研究会 熊本
共に学び共に栄える精神をもって社会に貢献する。
会員企業リスト
会長方針

2020年度 日創研熊本経営研究会 会長方針

【本部会長方針】

人と企業の成功づくり

ー真の黒字80%企業をつくろうー

  • 会員5,000 名達成のための組織活性化委員会の強化。
    ブロック長・副ブロック長の育成
  • 退会者防止の具体策の実践
  • 全国大会in 香川の成功
  • 本部レクチャラーの育成と最大活用
  • 会員増強として、「理念と経営・共に学ぶ会」や「13 の徳目朝礼」 を最大限活用しよう
  • 正会員率85%の達成。TTコースへの参加促進と、赤字企業の本 部研修参加支援と、最大活用。
  • 会員増強と質の向上(例会出席率70%)
  • マインド・イノベーションの促進
  • 本部会長方針の啓蒙

【熊本経営研究会会長方針】

全会員が共に学び、切磋琢磨して
「真の黒字経営」を実現しよう!

熊本経営研究会は、「日創研経営研究会設立の精神」にもある通り、「良い会社創りをし たい!」という強い志を持った経営者・経営幹部が集い、切磋琢磨する場として、16年前に設立されました
今、私たち中小企業を取り巻く環境は、時々刻々とダイナミックに変化しており、少し先の未来さえも見通すことが難しくなってきていると言えます。しかし、このようなときこそ私たちは原点に立ち返り、同じ志を持つ仲間が共に学び、切磋琢磨する「真の学ぶ会」に生まれ変わらなければならないと考えます。

そこで、熊本経営研究会では本年度、全会員が共に学ぶ、つまり1年間のうちに1つ以上の本部研修受講を促進します。私たちは、日本創造教育研究所で共に学ぶ仲間です。全会員が、良い会社創りをしたいという強い思いを持って集う会にするためにも、本部研修に関わる費用を最大限支援したいと考えています。
また、研修での学びを委員会勉強会でアウトプット・共有することによって、切磋琢磨する会を目指します。研修でインプットしても、それを実際の経営の場で実践しなければ、良い会社創りに活かすことは出来ません。委員会勉強会の活性化により、互いを磨きあう熊本経営研究会に生まれ変わります。

最後に、全会員が共に学び、切磋琢磨することは、「真の黒字経営」の実現に繋がると考えています。真の黒字経営とは、環境の急激な変化に左右されず、どのような時代でもお客様、社員さん、お取引先、地域社会に愛され、必要とされ、その結果として安定した業績を上げる「王道の経営」だと言えます。今年一年が全ての会員にとって学びの一年となり、飛躍の一年になるよう、ご協力をよろしくおねがいします

日創研熊本経営研究会
第八代目会長 亀井 明徳

方針1.全会員の本部研修参加の促進

全会員が共に学ぶ熊本経営研究会にするため、本部研修の参加を促進する。
※本部研修とは、日創研が開催するセミナー・研修のことを指します。

① 熊本経営研究会が推奨する研修

・SA(ビジネスSA)再受講
・TT の受講促進
・準会員のPSV 受講による正会員化
・SA・SC・PSV のアシスタント・アドバイザー
・業績アップ6 か月研修

② 研修促進費

・2020 年度出席率実績50%未満 年間上限額10,000 円
・2020 年度出席率実績50%以上 年間上限額20,000 円
・2020 年度出席率実績70%以上 年間上限額30,000 円
・2020 年度出席率実績90%以上 年間上限額40,000 円

※2020 年度出席率実績及び受講実績を見て、12 月中に支払い予定
※準会員(PSV 未受講者)は、PSV のみを補助対象とする。
※アシスタント・アドバイザーに関しては、旅費の補助を行う
※経常利益額が100 万円未満の企業(2019 年までの入会者で正会員に限定。事前に会長・事務局長に自己申告をお願いします。)に対しては、7 月から福岡開催の業績アップ6ヶ月コースの受講料全額を補助する。ただし、研修受講によって業績が上がった場合、一部返金を相談する場合があります。
※途中入会員には、会費発生月数÷12 ヶ月×補助上限額とする。
※どの研修を受講すべきかわからない場合は、会長や事務局長、周囲の会員にご相談ください。また、何を受講すべきか悩んでいる会員には、積極的に周囲からの援助をお願いします。

③ 例会での学びの共有

毎回、例会で研修受講者による学びの共有の時間を10 分程度確保する。
それによって、学びの共有・アウトプットを実施し、本部研修受講の促進につなげる。

方針2 委員会勉強会の活性化

本部研修の学びを委員会勉強会でアウトプット・共有し、「共に学び、実践し、 成果を上げる」熊本経営研究会を目指す。

① 例会後の委員会単位でのショート懇談会実施

毎回、例会後に同会場でノンアルコールとお弁当と配布し、30‐60 分程度のショート懇談 会を実施する。委員会単位で行い、委員会勉強会の活性化につなげる。

② 会員相互訪問型の委員会勉強会実施

委員会メンバーの企業に訪問しての勉強会を開催し、相互理解を図り、委員会勉強会を切磋 琢磨の場にする。

 

方針実現に向けての定量指標

  • 会員企業100%黒字の達成(現在90.6%)
  • 本部研修受講率100%の達成
  • 委員会勉強会出席率70%の達成
  • 例会出席率70%の達成
  • 理事会出席率80%の達成
  • 本部三大事業の参加目標達成
    5月予定 全国大会in 香川 15 名参加
    9月予定 全国経営発表大会(大阪) 発表5 名、オブザーバー10 名 11 月予定 特別研修(東京) 3 名参加
  • 13 の徳目朝礼導入率 50%の達成
    理念と経営共に学ぶ会 導入率50%の達成
 
関連リンク集
日創研経営研究会 熊本
共に学び共に栄える精神をもって社会に貢献する。
理念と経営
日創研経営研究会 熊本
共に学び共に栄える精神をもって社会に貢献する。
田舞徳太郎通信ブログ
日創研経営研究会 熊本
共に学び共に栄える精神をもって社会に貢献する。
ワンポイントアドバイス
日創研経営研究会 熊本
共に学び共に栄える精神をもって社会に貢献する。
日本創造教育研究会
ありがとう経営の支援
経営コンサルティング
講師の派遣
全日本マネジメント
コーチング協会
建設みらい研究所
『理念と経営』経営者の会
『理念と経営』社内勉強会
日創研経営研究会 熊本
共に学び共に栄える精神をもって社会に貢献する。
Copyright 2010, KA-KUMAMOTO.jp All Right Resevered.